保険料を見直そう〜あなたの医療保険料は適正ですか?〜

自分や家族が病気になるとそれだけで大きなストレスですから、経済的な負担だけでも軽くするために医療保険の加入を検討しましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

医療保険は必要か

自分や家族が病気になるという可能性は考えたくないものですが、現実には十分あり得ます。
そこで、医療保険への加入を検討する人は少なくないと思います。
医療保険への加入は本当に必要なのでしょうか。
さまざまなタイプの医療保険が存在しますが、仮に毎月保険料を4000円払うとしたら、一年では4万8000円、10年では48万円の支払いとなります。
決して安い買い物ではありません。
しかし、実際病気になって入院したらそれが大きな助けとなります。
病気をしないことにこしたことはありませんが、掛け捨ての場合その金額は捨てることになります。
それでもその保険期間中、保障があるという安心感は継続します。
安心をお金で買うということもできるでしょう。
病気によってかかる医療費は大きく違ってきます。
高額療養制度をご存知でしょうか。
医療費が高額になった場合にその費用の自己負担額を軽減してくれます。
年齢や所得によってその額は異なってきますが、基本的に一ヶ月あたりの自己負担額が80100円を超えた部分に関して自己負担額がおよそ1パーセントになります。
しかし、この高額療養制度で払い戻されるのは公的医療保険から支払われる医療費に限定されます。
食費や差額ベッド代また、高度先進医療などは対象外となっています。
このほかにも仕事を休むことで生活費に影響が出てきますし、入院に必要な物品にも出費がかさみます。
このように、実際の医療費だけではなく入院するといろいろな費用が発生してきます。
これらの出費に医療保険に加入していることで対応でき、いざというときに頼りになります。
自分や家族が病気になるとそれだけで大きなストレスですから、経済的な負担だけでも軽くしたいものです。
保険料を払うつもりで貯金するほうがよいと考える人もいるでしょう。
医療保険に入るか入らないかは本人の考え方次第です。
しかし、どうするか決める前に医療保険に関する基礎的な情報を調べて検討してみましょう。
Search


Copyright (C)2016保険料を見直そう〜あなたの医療保険料は適正ですか?〜.All rights reserved.